私とアイドルと2017年

 

 

2017年も終わりですね。

私が関ジャニ∞に沼落ちした記念すべき2017年が終わりますね。

 

 

新年会の映像を改めて見ました。

 

いや何これ胸アツ〜

ハマって時間たってきた今やから尚更胸が熱くなるわぁ。

 

 

話題になるようなグループになりたい。

そう語っていた最年少の彼。

 

 

グループとして年に2回ドーム公演、フェス出演、新番組の開始。個人としては3人が舞台して、映画が公開されて、ドラマをやる人がいて音楽番組の司会をする人がいて。スパイダーマンの主題歌にメンバーが作った歌が抜擢されたり。

 

 

私としては話題につきない1年やったんじゃないかなぁと思うんやけど、大倉くんはどう思ってるんかな。

 

ハマりたてでアイドルの仕事量というか、露出量には詳しくないんですけど、この人たちってかなりすごいことやってますよね。

 

 

突然やけど私はバンドが好きです。

クソつまらない毎日を彩ってくれるから。音楽で私を救ってくれるから。

 

 

でもいつしかバンドと同じように関ジャニ∞も日々の生活の中でなくてはならない存在になってきている気がする。ド新規が何を言うてんねんと思われるかもしれへんけど、本当に私は何気ない時に関ジャニ∞を求めるようになっている。

 

しんどい時には彼らのわちゃわちゃしている姿を見て、甘さが欲しい時は色気ダダ漏れの姿を拝んで。

 

 

ある時私は気が付きました。

アイドルって存在そのものがエンターテインメントなんやなって。

 

私が好きなバンドたちは、言ってしまえば音楽に携わっている時だけが仕事です。

 

でもアイドルは違う。

ドラマを求められれば役を演じ、ラジオで声を使い、バラエティで笑いを求め。

彼らは世間にその"存在"そのものが求められていて、そこに価値が生まれている。

 

改めてすごい仕事だなと感じた。

言ってしまえば「何でも屋さん」な彼らだからこそ、どこにも話題にならなかった、だから悔しかったんだと私は解釈した。

 

何でも屋さんな彼らが2018年に、私たちの生活にどんな風に彩りを与えてくれ、ドキドキさせてくれるのか。

 

今から期待でいっぱいです。

関ジャニ∞と出会えた2017年、ありがとうございました。