関ジャニ∞の音楽性に驚いた話

 

 

さて、関ジャムや

最近のDVDのコメンタリーを見てて思ったこと。

 

 

何度も言いますが

METROCK出の戯言です。

偉そうなのは重々承知です。

暖かく見守ってください(´;ω;`)

 

 

 

まずエイターテイメントのコメンタリーで、

「ここの音が気持ちいい」

「俺めっちゃ16で刻んでる」

そこに着目するんやって所が

沢山あってめちゃくちゃ驚いた。

 

 

バンドやってる姿に私は惚れた訳やけど

正直音楽のことをそれほど彼ら自身が

分かってる訳じゃなくて、

求められてそれをやりたいから

やってるだけやと思ってた。

 

 

でもメンバーのみんなが

そういう音楽的な目線で自分たちの演奏を見て、

それを分析していることから

彼らはちゃんと努力して勉強した上で

演奏しているんやと思った。

 

 

横山さんの、

トランペット奏者さんを見て、

「これほんまに大変やと思う。

すごいでほんま。」

と言った言葉。

彼自身がトランペットをやるようになって

その苦労が分かってるからこの発言が

出たんやろうなーと思った。

 

 

フェスの場で堂々とトランペット吹いてた

横山さんが、まだ始めてそんなに時間が

経ってないという事にまじで驚いた。

 

 

丸山さんも大倉くんも村上くんも

始めからそれぞれの楽器をやってた訳じゃないって

どこかで見たような。

 

 

バンドばかりをやっているわけじゃない

彼らが、他の仕事をしながら

あれほどまでの技術力を身につけたって

どれだけ努力したんやろう。

 

 

すごいなー

 

 

 

と思ってたわけなんですが。

過去の関ジャムを見返してたんですよ。

そしたら彼らはゲストさんから

教えてもらう事に対して、

無知なフリをして

(言い方に語弊があるけども)

学んでいて驚いた。

 

 

視聴者は知らんけど

彼らは音楽的に知っているであろうことまで

"そーなんやぁ"

と言っている所を何度も見た。

 

 

だから関ジャムは面白いんかもなぁ

出演者である関ジャニと一緒に

学んでいる気分になるから。

 

というか

取り扱っている内容が

かなりマニアックで楽しい。

 

 

最新の回では

イヤモニやサウンドチェックのことを

取り上げていて、

そんな事まで教えてくれるん!

とかなり驚いた。

 

 

普通の音楽番組では

まず取り上げられないであろうことを

取り上げ、そして視聴者にきちんと

理解してもらえるような編集がしてある。

 

関ジャニが出てるから、じゃなくて

単純に音楽番組として

もっと早くから見ておきたかったな〜

 

 

 

そしてセッション。

見た感じ最近村上さんのセッション回数

多すぎません?

あの方かなりレギュラーあるみたいやし

どこで練習する時間作ってるんやろう…

 

 

大倉くんがラジオで言ってたけど、

「寝る時間はあるので大丈夫」(ニュアンス)

って基準そこなの…

 

 

まぁ彼らにとって大事な時期やもんね…

 

新規でも今がグループにとって

勝負の時期ってことはわかるで…

 

 

舞台3人に

ドラマ決まってる人、

映画撮り終えてる人、

27時間テレビ決まってる人

 

私が知っている関ジャニ

バラエティイメージが強くて

出す曲が全て明るくて

ワチャワチャしてるってことくらいやったよ…

1人1人がグループ背負って

違うフィールドで戦う

すごいグループやったんですね

 

 

話が逸れましたが。

今回のGet Wildのすばる君が…

 

カメラ目線多い…

顔きれい…

 

 

あの方歌ってる時カメラとか

見ず歌うイメージがあったんやけど…

 

これもアイドル化の現象…?

 

 

少し顔を右側に向けて

左側から撮ってる角度が素晴らしすぎますね

 

 

ありがとうすばるくん。

 

 

関ジャニ学んでて色んなことに気づいて

毎日が楽しい。

 

 

最近はクロニクル見て爆笑してます

これは見た方がいいよ、とか

聴いた方がいいよって曲があれば

どんどん教えてください!

 

 

では。